奨学金って!?

【留学資金と奨学金について】

 

留学する際に必ず考えなくてはならない事には、やはり資金があげられます。
時は金なりと言うように、多少費用を払い、高校留学ならアルファ留学アカデミーのような、業者のサービスを利用してでも手続きを円滑に済ませたい方も、最近では多いかもしれません。しかしながら、
どれだけ物価の安い地域や国に留学したとしても、自己資金だけでは難しい方も多いです。
フィリピンやフィジー、インドなどの留学は費用的に抑えられますので、
こちらも検討する必要があります。

 

そんな時に活用したいのが奨学金です。

 

もちろん最初に留学に必要な資金を計算することから始まります。
学費(授業料・登録料など)、生活費(宿舎費・食費・交通費など)、
渡航関係費(航空運賃・ビザ手数料・保険代・健康診断・予防接種費など)があり、
国や地域、学校、生活スタイルなどによって異なりますので、
自分はどのくらいの資金が必要かということを詳細に把握しておく必要があります。

 

事前に経費の種類や金額を正確に調べておくことで、
奨学金に頼ることなく行けるのか、もしくは必要なのかを考えます。

 

留学時期を先に延ばす事が考えられますが、
すぐに行かなくてはならない状況の方などは奨学金を借りることになります。

 

奨学金を利用する場合は、募集が年に1回しかないものが多く、
期間も限定されているので、早くから情報を集めることが大切です。

 

また、すべての留学経費を賄える奨学金はごく少数なので、
一部を自分で準備する前提で、余裕のある、確実な資金計画を立てる必要があります。

 

奨学金は政府、自治体、民間団体、学校などによって実施されており、
多種多様な制度があります。
応募資格、募集時期、選考方法なども制度によって異なりますが、
大きく分けると、以下のようなタイプに分かれます。

 

日本で応募できるものはもちろん、海外で応募できるものも存在します。

 

ローン(返還義務あり)や、給付型(返還義務なし)があります。

 

または、該当者が自由に応募できるもの、指定校や自治体などの限定があるもの、
学校独自の制度など本当に組み合わせ次第では多岐に渡りますので、
良く下調べをして自分にはどのようなものが良いのかを考える必要があります。

 

様々な項目を記載しましたが前提としてはご自身の資金で留学されるという考えのもと、
うまく奨学金制度と向きあう事が重要になってきます。

 

奨学金のことで頭がいっぱいになってしまって
肝心の留学内容についての情報や準備が疎かになってしまわぬよう注意が必要です。
"

奨学金って!?2

【留学資金と奨学金について2】
 
留学国が先に決まっている場合は、
留学希望国や地域の公的な留学情報提供機関のサイト等で、
政府奨学金の情報を調べる事ができます。

 

様々な国や地域で、活性化目的等の理由から、留学生に有利な奨学金を用意していたり、
サポートを受けられる可能性があります。

 

しかし、その場合には有名な大学を出ていたり、優秀な経歴が無いと、
奨学金の対象外となってしまう可能性もあるので、良く調べる必要性があります。

 

次に、留学先の大学や大学院などが決まっている方は、その大学のウェブサイトで、
必要経費や奨学金、資金援助制度を調べられます。
留学生担当オフィスや担当教員に直接問い合わせることもできますので、
わからない事がある場合は直接聞いてみるのが1番の近道です。

 

すでに留学中の方は海外で募集される奨学金を調べる必要があります。
日本で募集される奨学金の多くは、海外渡航前の方を対象としています。
海外で応募できる奨学金の多くは、留学が決まった方や留学中の方を主な対象として、
現地の学校、研究所や団体が募集するものです。

 

海外留学に関する情報を収集する際、奨学金や資金援助制度についても、
当該国の大使館、留学情報提供機関等のウェブサイトで調べるほか、
留学希望校のウェブサイトを確認のうえ、
わからないことは留学生担当オフィスや担当教員に問い合わせて調べておきましょう。

 

なお、留学後に現地で情報収集したほうが、さらに多くの情報を集められることもあります。

 

 

【応募にあたっての注意事項】

 

まずは、当たり前の事ですが、
留学スケジュールと奨学金の募集期間、締切を確認する事から始まります。

 

書類等の準備期間は十分にあるのか。
留学時期から逆算していつから準備が必要か。
また前述しましたが、ほとんどの奨学金の募集は年に1回しか行われないのでそちらの確認と、
年に数回募集がある場合は留学開始時期によって締切が異なることがあるので、
こちらも合わせて確認が必要です。